2024年7月8日月曜日

中国人強制連行事件殉難烈士慰霊祭

 中国人強制連行事件殉難烈士慰霊祭が東川町で行われました。

東川町の江卸発電所建設に関連して1944年9月に338名の強制連行事件がありました。当時、水稲北限地帯で田んぼの水温上昇施設として遊水池を建設するため中国人が使役されました。過酷な労働と劣悪な環境のため、死傷者が相次ぎ、中国からの連行途中を含め88名が殉難したのです。
戦時中の歴史を思い起こし、語り継ぎ、戦争を繰り返すことがないよう平和と友好を誓い合い、慰霊を気持ちを表しました。
王根華中国駐札幌総領事も参加、日中友好協会の方々が遊水池を案内してくれました。
国道、鉄道、水道の3つの道のない東川のお米は美味しいとお話しすると、お米を買って札幌まで担いで戻られた方がお二人も!

 

宿泊税「理解得られず」

 HPに意見募集フォームがない…

知事、意見を聞くことを軽んじています!
230万部発行の広報誌ほっかいどう6月号、宿泊税の意見を聞く2次元コードから意見募集フォームが見つかりません。道に指摘すると慌てて修正。直したからいいと言わんばかりの答弁にビックリ。
2026年4月から宿泊税徴収できるよう着手と鈴木知事が表明しましたが、納税する道民には一度も賛否を聞いていません。何に使うかも決めずに税収45億円はハッキリ。
「理解を得られてきている」という割にはパプコメも意見募集も26〜35。住民対象の説明会も意見交換会も開催していません。
島根県知事の「観光目的以外で宿泊した人に税負担を回避できる余地をつくるべき」との意見に賛同します。

 

2024年7月5日金曜日

ハラスメント対策について質問

7月3日、予算特別委員会の知事総括質疑で、ハラスメント対策について質問しました。

長谷川岳参議との面談で威圧的と感じた道幹部職員は23人もいるのに、通報もハラスメントの相談もゼロ。なぜ?

ハラスメントと認識していないのか、不利益を恐れて相談できないのか、ハラスメントを黙認する風土なのか、知事は幹部職員から理由を聞いているのですかと質問。
鈴木知事は職員に理由も聞いてません。
このまま終息させるわけいはいかないので、調査委員会を設置するよう求めました。

2024年7月4日木曜日

JR北海道の経営を圧迫する新幹線

複数のトンネル工事で想定を超える事態という理由で2030年度の札幌開業が無期延期のように見通せなくなった北海道新幹線。道は大変遺憾と表明しましたが、鉄道運輸機構北海道局は責任を認めていません。

新函館〜新青森の赤字も続きJR北海道の経営を圧迫し続けます。黄線区など在来線の維持にも影響が懸念されます。
並行在来線のパス転換もドライバー不足で現実的とは言えません。
新幹線延伸は今後も想定外のリスクを否定していません。すでに6人も亡くなった難工事なのに、今後早期開業を目指すのではなく、冷静に検証し厳正にB/C見直すべきです(7/2予算特別委員会)

 

2024年7月3日水曜日

障害児・者の口腔保健と治療ができるように

 

障害児・者の口腔保健と治療ができるように
道は北海道歯科医師会に委託して、障害児・者の口腔保健をすすめています。でもよく知られていませんでした。障害特性に応じた専門性が必要な治療ですが、診療報酬も低く、歯科医師の確保も大変です。
口腔保健はとても大事です。20年続く制度、知らせていくように求めました。
それにしても障害児・者の歯科治療ができるところの少なさに愕然としました。
       (6/28予算委員会で質問)