2021年4月10日土曜日

野党統一候補の勝利で政治を変えましょう! 北海道2区補選 

10日、小松晃市議と定例の街頭からの報告。4月からお店の商品の価格が消費税込みで表示されるようになりました。消費税は社会保障に回すという口実で3%→5%→8%→10%と引き上げられてきました。その間、医療や介護に関する国民の負担が増えています。政府はさらに75歳以上高齢者の医療費負担を2倍にしようとしています。 何のための消費税増税でしょうか。こんな政治は変えましょう。市民と野党は、広島の参院再選挙、長野の参院補選、北海道2区の衆院補選に野党統一候補を擁立しています。今年秋までに行われる総選挙に大きく影響する選挙です。北海道2区では松木けんこう統一候補必勝のため、皆さんのご支援よろしくお願いします。

2021年4月8日木曜日

「ミス」を冠にした広報活動に一石

 予算特別委員会の質問で、日本共産党の真下紀子議員は、ジェンダー平等社会をめざす立場から、外見や性別、婚姻の有無による差別と指摘される、「ミス」を冠にした広報にも言及しました。

ミス日本協会が2015年から国土緑化推進機構と連携して任命している「ミスみどりの女神」は、全国育樹祭でも啓発活動を行っています。同時に「みどりの広報大使」にも任命されて活動しています。真下議員は、「ミス」や「女神」ではなく、知識も能力もその任に相応しい活動となるよう、性別や婚姻による差別とられる「ミスみどりの女神」の選任の見直しを求めるよう水産林務部に質しました。

佐藤卓也水産林務部長は、「ジェンダー平等に関する議論の深まりや、ミス・コンテストを取り巻く情勢、考え方の変化などを注視し、国土緑化機構と農水省の意向も確認しながら対応していくと答えました。

このほか、道が直接選任していませんが、「ミス北海道米」「ミスSAKE」「ミスワイン」等があります。真下議員は、「ミス」を冠にすることで、性別や婚姻の有無、外見や年齢による差別的問題と指摘。ジェンダー平等社会の実現に向けた取り組み強化が必要と強調しました。

2021年4月3日土曜日

あらゆる手だてを講じて「第4波」封じ込めを!

能登谷繁市議、真嶋隆英市議と、定例の街頭からの報告。コロナ対策を呼びかける側の厚労省の官僚が、深夜まで会食していたことで、政府の姿勢が問われています。

日本共産党は、あらゆる手だてを講じて「第4波」を封じ込めるために、➀十分な補償、➁大規模な検査、③医療機関への減収補填、④東京五輪・パラリンピック中止、の4点を政府に求めています。

 街頭では、パンフレット「原発ゼロ・核ごみのない北海道の未来」を配布しましたところ、多くの皆さんに受け取っていただきました。有り難うございました。