2018年6月20日水曜日

最低賃金は1500円に


地域別最低賃金、北海道は810円ですが、これでは生計費を賄うことができません。最低賃金は上がっても社会保障費負担や消費税増税でマイナスになってしまいます。さらに地域の経済状況が考慮される今の制度では格差は広がるばかりです。全国一律で最低賃金を1,000円以上に急いで引き上げること、1,500円をめざすことは安心して暮らせるために不可欠の政策です。消費効果も大きく期待できます。北海道労働局に最低賃金の大幅な引き上げと全国一律にすることを求めました。同時に中小企業への支援をとらなければなりません。これこそが国民が望む成長戦略ではないでしょうか。

道議会開会前宣伝しました

さわやかなお天気の中、第2回定例道議会が開会しました。試作品という帽子をかぶったところ、私よりお若い方にコメットさんみたいといわれビックリ。コメットさん、よく覚えてましたね~(笑)

2018年6月19日火曜日

バリアフリー観光について

北海道はバリアフリー観光推進方策について報告しました。障害者の声を聞いた事例が少ないこと、具体的な方策が少なくハードだけではなく、ソフトの面での対策がきめ細かくないなどの課題について質問しました。北海道のバリアフリー観光対策はまだ始まったばかりです。

2018年6月18日月曜日

第2回定例道議会 19日に開会

明日19日から第2回定例道議会が始まります。
本日は定例議会前の委員会があります。バリアフリー観光について質問予定です。JR北海道の地方路線問題と経営問題については今日の関係者会議の報告を受けてから質問する予定です。四十九日も無事終えて、今度は議会です。ゆうきりんりんで札幌に向かいます。

国政から町内会まで ~ 永山地域のつどい

16日、永山西後援会のつどいが開催されました。
米朝対話、カジノ法案の強行採決、働き方法案、骨太方針の閣議決定、町内会とごみ処理の課題、市庁舎建設の問題点、除雪の問題、就学助成制度の改善、人口減少にどう対応するのかなどなど、国政から町内会の課題まで多岐にわたり意見交換しました。


定例の街頭報告

16日、毎週土曜日定例の街頭報告。
真下紀子と4人の旭川市議団がそろって訴えました。
カジノ法案も働き方改革一括法案も許せない。

2018年6月14日木曜日

上川総合振興局に要望書

14日、日本共産党市議団とともに、JR路線維持、農業政策、中小企業対策、医療、生活保護、介護、障がい者福祉、国保制度、子育て支援、教育、除排雪、防犯・安全対策などについて、上川総合振興局に要望を行い、意見交換を行いました。



2018年6月7日木曜日

カジノは賭博 ~ 観光振興は北海道の魅力で

6日、道議会の食と観光対策特別委員会で、
カジノ誘致を表明している苫小牧市への調査を踏まえてカジノについて質問しました。
カジノはあくまで刑法で禁じられている賭博場。ゲーミングと名前を変えても娯楽やレジャーにはなりえません。それに誰もがギャンブル依存症になる可能性があります。皆さんもなる可能性があるんですというと、ぐっとリアクション。いくらMICEや福祉対策に納付金を充てるといってもギャンブルの稼ぎの一部を回すだけです。北海道でもパチンコ依存に起因する犯罪は85件、ギャンブル依存に起因するのは28件、依存症とはなっていなくても遊興費充当に起因する犯罪が1037件も起きています。カジノがなくても国際観光客は増えているのですから、そうした北海道の魅力で観光振興すべきですと主張したところ、そうだな~との声も上がりました。

働き方改革 ~ 働く女性への応援を

6月5日、道議会経済常任委員会で、北海道の働きかた改革推進方策について質問しました。女性の就業率の目標が低いことや、育児休業の取得が進まないことへの対応を求めました。それにしても育児休業取得目標が男性10%、女性90%という目標自体おかしいと思いませんかと聞いてみましたが、リアクションなかったです。また、総労働時間は短縮どころか逆に長くなり有給休暇もなかなかとれないという結果となりました。人材確保・定着が難しい中、処遇改善本当に急がれます。働きかた改革支援センターの相談強化を求めました。今年は社会保険労務士と中小企業診断士を合わせて4人増員して体制強化すると答えました。

八方亭みややっこさんの憲法落語

6月2日、道北母親大会で挨拶しました。八法亭みややっこさんのキレッキレッの憲法落語。憲法の人権保障と幸福追求権などなど例えは落語の世界、話は本業の弁護士力で真髄ついて、ヤル気と元気もらいました。一文字もステキ!私は前座でご挨拶させていただきました。

2018年6月2日土曜日

「働き方」改悪法案の採決強行に抗議

2日、定例の街頭からの報告です。
安倍政権の暴走が極まり、衆議院本会議で「働き方」改悪法案を強引に採決。大企業の言いなりに労働者の働き方を改悪し、過労死ラインを超え残業させ、いくら働いても残業手当がゼロになることなど、労働者にとっては百害あって一利なし。「働き方」法案の根拠となったデータの改ざん、モリトモ・カケなど、様々な疑惑にフタをして、採決強行など断じて許されません。

2018年6月1日金曜日

講演「韓国を理解する知的技法」

5月28日、在札幌韓国総領事館主催で「韓国を理解するための知的技法」という小倉紀蔵京都大学教授の講演に参加しました。日本と韓半島との1000年の歴史から考え方の違いなどをを巧みな言葉で語っていただきました。最後は「韓国は〇〇だ」という定義の紹介。「ハルモニの手」「憧れのソウルあふれる街」「第三の人生」が表彰され、その理由を紹介されるたびに笑いがあふれました。300人参加者パワフルでした。


道北勤医協第58回社員総会であいさつ

5月26日午後、道北勤医協社員総会に出席し、挨拶しました。。
鈴木和仁理事長の開会挨拶では、憲法9条改悪許さない3000万署名に道北勤医協として1万4千筆に到達、社会的孤立を防ぐために、社会的処方が必要だとして、独居高齢患者の調査をすすめていくことが報告されました。

2018年5月26日土曜日

地方路線存続を国交省に要請

25日、北海道の地方路線の維持存続を求め、牧野たかお国土交通副大臣と国交省、財務省に道議団そろって要請しました。赤字経営が始めからわかっていたJR北海道の経営に国の支援は欠かせません。新幹線の想定を大きく超える赤字が経営問題となっていること地方路線の維持存続の必要性など要請内容を説明。新幹線の赤字問題は経営問題として再検証を求めました。



 

2018年5月22日火曜日

北海道にカジノはいらない ~ 苫小牧で調査

カジノ誘致をめざす苫小牧市を大門みきし参議らと訪ね、なぜカジノによる地域再生を選択したのか、どのような計画なのかなど苫小牧市の担当者から伺い予定地を視察しました。アクセス、誘客予想や一人単価、施設の稼働率など基本的なことも公的負担も示されていないことがわかりました。今でもパチンコが盛んなのだそうですが、ギャンブル依存症の公的相談・治療ができるところがないとも答えていました。予定地には猛禽類も生息しているようです。ウトナイ湖の木道の改修を求めて調査した時にサンクチュアリィの素晴らしさに感動したものですが、賭博場に頼ったリゾート開発で夢よもう一度では取り返しがつかなくなってしまいます。苫小牧市ではカジノはいらないという署名が1万筆超えています。




「しんぶん赤旗」2018.5.22

2018年5月21日月曜日

畠山和也さんと、あかしあ労働センターを視察

18日、畠山和也前衆議とともに、あかしあ労働福祉センターを視察。
障害者福祉サービスの報酬改定によって7割の事業者が減収になっていることや、旧優生保護法下の強制不妊の問題など、国の障害者福祉政策の問題点や、現場の実態について調査させていただきました。



2018年5月18日金曜日

はたやま和也さんが旭川入り

17日~18日、前衆議院議員で来年の参議選で北海道選挙区から立候補を予定している畠山和也さんが旭川に。
団体との懇談や集いへ参加した他、市内各所の街頭演説で安倍政治を終わらせようと訴えました。17日には、道北勤医協と友の会のみなさんと無料低額診療の取り組みについて意見交換しました。

2018年5月14日月曜日

平和行進が旭川入り

60回を数える原水爆禁止国民平和大行進が晴天となった12日、旭川に入りました。昨年は国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」ICANがノーベル平和賞を受賞。核兵器禁止条約(核兵器の開発、実験、製造、備蓄、移譲、使用及び威嚇としての使用の禁止ならびにその廃絶に関する条約)が世界から核兵器をなくす大きな力になっています。今年は朝鮮半島の非核化が実現するのかと固唾をのんで世界が注目。日本のヒバクシャのみなさんをはじめとする原水爆禁止・核兵器廃絶の運動が現実政治を大きく動かしています。この先頭で頑張っていれば安倍首相もノーベル平和賞のチャンスがあったろうに自ら投げ捨てているとご挨拶で申し上げたところ行進参加者のみなさんから本当にザンネンそうな声があがりました。通し行進者のお二人はトランペットと団扇太鼓の鳴り物入れで広島めざします。

2018年5月4日金曜日

夫の父を送りました

いつもより早い桜に見送られ30日に同居の父が旅立ちました。大正生まれでお米づくりに精を出し、水泳と三味線を楽しむ人生でした。入院中の母も何とか通夜と葬儀に参列でき縁のある方々に送っていただきました。夫の父ですが実の親より長く一緒に暮らしてきただけに想い出がいっぱいです。今年はメーデー、憲法記念日、参加できませんでしたが、父の供養をしながら、戦争をくぐり抜けて長生きしてくれている老親三人を大事にしていこうと思います。

2018年4月28日土曜日

歴史的「板門店宣言」を歓迎します

28日、定例の街頭からの訴え。
韓国の文大統領と北朝鮮の金委員長が板門店で会談、朝鮮戦争の終結、核のない朝鮮半島へ歴史的な南北首脳会談となりました。
北東アジアの平和を願う歴史的な動きのなかで、日本も戦争する国をめざすのではなく、憲法9条を生かした平和外交に転換すべき時です。

2018年4月26日木曜日

アットホームな道政報告会

25日、アットホームな道議会報告となった地域のつどい。
「介護保険も消費税も大きな負担。高齢化と聞くたび、まるで年寄りは死んだ方がいいと言われてるみたい」と弱気な発言。「とんでもありません!長生きして内部留保もせずしっかり経済回しているんだから堂々と長生きしましょう!」とお話したところ「確かにそうよね。貯める分なんてないからしっかりお金使ってる」と大爆笑。政治を変える力が湧きます!

道は、日米訓練の中止を求めよ

24日、青森で燃料タンクの落下事故を起こしたばかりのF16が6機も飛来する日米共同演習が北海道で始まりました。米軍の訓練場所は基地と同様に治外法権。道は口頭で安全の徹底を申し入れたと言いますが、飛行航路も知らされず全く効果はなく演習は強化・固定化する一方です。墜落・落下事故・爆音と低周波、すでに不安の声でています。中止してもらうしかありません。

2018年4月22日日曜日

地域のつどいに参加

21日、東陽地域の日本の政治を考えるつどいに、のとや繁市議と参加。
い まの安倍政治の末期的な状況や、介護保険や年金制度の問題点、カジノやギャンブルの問題、若い人が子どもを産み育てられる社会についてなど、様々な意見が寄せられました。

本日も各所で青空演説会



22日、昨日に続いて本日も市内各所で青空演説会。
暖かい陽ざしのなか、沢山の人がかけつけてくれました。激励もいただきました。








2018年4月21日土曜日

安倍政権は退陣を! 旭川市内各所で青空演説会

21日、晴天で今年一番の暑さのなか、市議団と旭川市内各所で青空演説会。
「首相案件」と発言した首相秘書官に加計学園が会いに行くことを、内閣府が文科省にメールで伝えていたことが判りました。森友学園では8億円値引きの口裏合わせと公文書改ざん、さらに、財務省事務次官のセクハラをかばい続けている麻生財務大臣、安倍首相の「毒」が政権全体に回っているようです。
各所で多くの市民に訴えを聴いていただき、激励もしていただきました。